幸せの条件は働く意味 | ホームページ制作・Web作成ブログ

幸せの条件は働く意味

SPONSORED LINK


どういうことを幸せというのか・・・

深いです。



先日、村上龍さんが司会をしている「カンブリア宮殿」を見て感動しました。


チョークなどを製造している
「日本理化学工業株式会社」の社長さんがゲストの会です。


従業員の50%が知的障がいを持つ人で、
重度障がい者多数雇用事業所なんだそうです。


全国的に障がい者の雇用は良好かというと、まったくそうではなく
重度の知的障がいともなれば、
受け入れる企業もとまどいがあり採用数は少ないそうです。

働く場所が少ないながら、
仕事が決まっても、職場環境や人づきあいがうまくいかずに辞めてしまう。。

そして、一番驚いたのが、
全国平均の月給が15000円

一人前の仕事は難しいかもしれませんが、
桁が違うんじゃないかと思います。



では、日本理化学工業ではどうかと・・


はじめて採用した障がい者の方が、数十年現役で働いています。
(年数はうろ覚えで・・)
ほとんどの方が何年も、同じこの会社で働き続けているですね。

給与は、120000円程
(こちらもうろ覚えなんですが、、、最低賃金は支払っているそうです。)


働いている姿が映されましたが、
みんな笑顔でイキイキとして見えました。
それに仕事中は真剣そのもの。


少しうらやましくも思えたほどです。



そんな会社の社長さんが

「障がいを持った方は、
 わざわざ働くことはないのではないか
 満員電車に乗って会社に来て労働をするより
 家で家族と過ごした方が幸せではないのか・・・」

と障がい者の受け入れを迷い、
法事でお会いしたお坊さんに相談したときの話しをされました。



そのお坊さんは、

「人が幸せを感じるのは4つのことからです。

   愛されること
   ほめられること
   人の役に立つこと
   必要とされること

 そして、4つのうち3つは
 仕事から得られることなのです」

とおっしゃられたそうです。



本当にそうだな。と思います。
障がいを持つ人でも、普通の人でもそれは同じ。



人を幸せにしたいと思うのなら、

  愛して
  ほめて
  役立っていることを伝えて
  必要とする


家族でも、友人でも同僚でも部下でも上司でもこれは
同じなんだなと思います。



ずっと意識することはないかもしれませんが、
心にとめておきたい言葉でした。



日本理化学工業株式会社
http://www.rikagaku.co.jp/

ホームページの制作やリニューアル、更新管理代行をうけたまわっています。

ホームページ制作会社solowebの公式サイトはこちら

SPONSORED LINK


2008年11月15日| カテゴリ: お役立ち生活情報| このエントリをはてなブックマークに追加

人気のある社長ブログは?

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




RSS:この記事のコメントのフィード

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«

»

福岡のホームページ制作soloweb
福岡のホームページ制作soloweb問い合わせ