ホームページURLをindex.htmlあり・なしに統一する方法 | ホームページ制作・Web作成ブログ

ホームページURLをindex.htmlあり・なしに統一する方法

SPONSORED LINK


前回、ホームページアドレスをWWWありに統一する方法をまとめましたが、今回も同じくアドレスについてです。
index.html(またはindex.htm)のあり、なしを統一する方法をまとめます。

「index.html」のあり、なしとはどういうことかというと、


 http://www.soloweb.jp/index.html
 http://www.soloweb.jp/



この2つのアドレスは、
wwwありの(http://www.soloweb.jp/)、wwwなしの(http://soloweb.jp/)の考えと同じように
index.htmlがあり、なしも
別のページ」だと検索ロボットは判断しています。


リンクが分散されますので統一が必要です。

ホームページを見るユーザー(お客様)視点では
アドレスは短く分かりやすいのがいいので
index.htmlなしで統一するのをお勧めします。


では、今回も.htaccessで301リダイレクトを使い統一する方法です。

「.htaccess」ファイルを使用します。
テキストエディタ(メモ帳など)に、以下の内容を記述し保存してください。

ファイル名は、「1.htaccess.txt」として保存。
(“1”の部分はお好きな文字でOKです。)


index.htmlなしに統一
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.example.jp/$1 [R=301,L]

緑文字の箇所にアドレスを入れてください。



また、wwwあり(またはwwwなし)に統一と、index.htmlの統一を一緒にしたい場合は、
↓のように同じファイルに書き込んでOKです。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example.jp
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.jp/$1 [R=301,L]

RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.example.jp/$1 [R=301,L]

赤文字の箇所にドメイン名を入れてください。
緑文字の箇所に統一する(統一後)のアドレスを入れてください。


保存した後、サーバーへアップロードします。
一番上のディレクトリ(フォルダ)へアップロードして完成です。

※ファイル名を“1.htaccess.txt”としていますので、サーバーへアップ後ファイル名を「.htaccess」に変更してください。
htaccessの前にある「.(ドット)」は必要ですので消さないでくださいね。


アップロード後、index.html統一ができているか
アクセスして確認してください。

ホームページの制作やリニューアル、更新管理代行をうけたまわっています。

ホームページ制作会社solowebの公式サイトはこちら

SPONSORED LINK


2008年11月17日| カテゴリ: サーバー| このエントリをはてなブックマークに追加

人気のある社長ブログは?

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




RSS:この記事のコメントのフィード

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«

»

福岡のホームページ制作soloweb
福岡のホームページ制作soloweb問い合わせ